×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

糖尿病 検査

糖尿病に必要な検査

血液中のブドウ糖(糖分)、すなわち基準値より血糖が高くなるのが一番の特徴です。

検査では、まず血糖がどのくらい基準値より高いかを、確かめることが基本となるのです。

1,糖尿病の疑いがある場合の人を確認する検査
→空腹時に採血・尿の検査をします。が、食前か食後で結果が異なるのを、知っておくのは大切です。

2,糖尿病の疑いがある人が受ける検査
→ブドウ糖の、負荷試験の検査を受けて診断をします。病院に行く時間がない方には、自分でできる検査もあり自己管理が大切な為、自分の検査結果を記録して、主治医に伝えましょう。

食生活が欧米化に影響されて、日本人に糖尿病が年々増加し、合併症になる確率が高く早期発見・治療が必要な病気です。お勧めしたいのは、厚生労働省承認の、自宅で糖尿病自己チエックができる検査キットが、病院にも行かずドラッグストアーにも足を運ぶ手間を無くし、ネットで注文できます。

このキットには、生活習慣病(生化学12項目の検査)+糖尿病チエックで、過去1~2ヶ月の血糖コントロールの状態を知る、HbA1c%(ヘモグロビン・エー・ワンシー)の検査内容もプラスになっています。費用は1セットが6000円(税込)です。

1滴の血液で検査ができ、結果を早く知りたい方はメールで確認できますが、約1週間で結果シートが自宅に届きます。採血後はすぐに分離し、完全で安全な保存状態で検査センターに送る特許技術を持ち、厚生労働省医療用具承認番号がある検査キットの為、個人情報は確実に保護されて、検査結果も厳重に保管されます。

その為には、購入する時は必ず確認しましょう。糖尿病の治療には、日々の検査は欠かせません。しっかり血糖コントロールを保ち、合併症を防ぐにも自己管理はとても重要です。糖尿病は検査の病気である認識を、常に持つことが自分の為なのです。

糖尿病専門外来について

千葉市・横浜市には糖尿病専門外来が多く、糖尿病のプロの医師による検査~診断~治療が知られています。

インスリン分泌検査
→血液検査・尿検査があり、分泌が非常に少ない場合、1型糖尿病か2型糖尿病で、膵臓に負担がかかってないか、判断する上で重要な検査です。

血糖検査
→血糖は食事や、日頃の運動量により変わってきます。基準値を知って自己コントロールしましょう。血糖値キットで自分の記録をつけましょう。

HbA1c(ヘモグロビン・エー・ワンシー)
→過去1~2ヶ月の血糖の状態が中心になり、今日の血糖値が安定してても普段、高いとHbA1cも高く血糖値のコントロールの良い悪いを、確認する為にはとても大切な検査です。

腎機能検査
→合併症を診断する為の検査です。尿中アルブミンを測定すれば、糖尿病性腎症の診断が判明します。

脳波検査・頸動脈エコー
→糖尿病による、閉塞性動脈硬化症の進行を診る検査です。

眼底検査
→網膜症の疑いを調べます。

千葉市・横浜市の病院は、糖尿病の個別指導・よりよい専門的な検査・治療が受けられる設備が充実した病院です。合併症の詳しい検査ができ、糖尿病教育入院が、患者さんが把握でなこともメリットでしょう。

糖尿病は、発症した時点でゆっくり進行する為、早期に発見して進行を止めるのがとても重要な病気です。医師・管理栄養士を中心としたプロの医療チームが、自己血糖測定指導・食事療法や運動量の指導・インスリン自己注射導入などを患者さんにサポートしてくれます。

治療費用や料金が掛かりますが、個人差で違います。医師を信頼し、自分で基準値を常に知り、治療に専念きる事が一番大切だと思います。

スポンサードリンク

看護士の仕事内容は?